【ブログ】懐石料理の世界

YTJ Proグループ スタッフ

小谷悠実



先日、茶懐石料理講習会へ行ってきました。


いろいろ流派がある中で、表千家の懐石料理を頂きました。


今までに、茶道は経験がありましたが

懐石料理を頂くのは初めてで、とても感動したので、今回は懐石料理の世界をお届けします!



懐石料理は、

もともと茶の湯の場で、来客をもてなす際のお料理でいわゆるお抹茶を頂く前にお出しする料理のことです。


茶道の心得「侘び・寂び」を、料理として表現していて

●旬の食材を使う

●素材の持ち味を活かす

●心配りを持っておもてなしをする

という三大原則を掲げているそうです。



色々な流派があるのですが、どの流派も基本スタイルはおなじみの「一汁三菜」


ご飯・汁物・3つの菜(おかず)


でも現在の懐石料理はかなり品数が多く、かなり豪華です。

しかし量は一口で終わるぐらいの少量なので、とても食べやすくいろんな味を楽しめます。



料理の順番も決まっています。



まずは、飯・汁・向付(むこうづけ)



え、いきなりご飯!?

最初からお腹いっぱいになってしまうやん!


と、食いしん坊の私も驚いたのですが

蓋を開けてみると、ほんのちょっぴり。



これは、

『お腹をすかして来てくださったお客様に、

お酒やお料理を出すまでの時間を待たせてはいけない』という亭主のはからいから、炊き立てのご飯とお汁をちょっとだして、お酒まっててね。という意味だそう。


そして向付(お刺身など)と、お酒がやってきて、お酒を交わしながら、来客たちで会話を楽しみます。


その後、椀物や焼き物なども出てくるのですが、器の向きであったり、橋の置き場所などすべてに意味がありすごく面白いんです。


そのすべてが「おもてなし」の心からできています。



懐石料理を頂いた一番の感想は、美しい風景をみているようでした。


食べ終わったころには、身も心も満足できて、季節をぞんぶんに味わうことができ、、


本当に素敵な時間をすごせました。

オススメです!!




しかし、懐石料理をいただく際に

1つだけ気をつけてほしいことがあります。



全部頂いてから、メインのお茶室へ移動。


お抹茶を頂いたわけですが、そのころにはお酒がまわってしまいまして、正座できませんでした。




「もてなされる」こころも大切ですね。


最後までお読みいただきありがとうございました!

最新記事

すべて表示

スタジオマネジメントグループ 松本莞司 いかがお過ごしでしょうか? 秋ももう終わりに向かっていますね、、 秋服が好きなのですが、すぐ寒くなってしまい楽しむ時間がなかったのが残念でした、、、 さて最近思うのが、関東や中部のメンバーってどんな子がいるんだろう、、と。 特選に送り出したあの子は元気にしてるかな、、 プロに進んだあの子は頑張ってるかな、、と思うことも。 ということで! 関西の特選やPROの

関西YTJプロメンバーによる自主公演『Grandir』の上演が決定いたしました。 オリジナルストレートプレイとレビューショーの二部制、全8公演となっております。 ぜひ会場にてご観劇ください! 第一部 『CUDDLY TOYS』 <あらすじ> "あなたは昔遊んだおもちゃやぬいぐるみどうしてる?" 人に愛されることに憧れる人形たち。 そんな人形が動き出した!? 人形たちの行く先は… 個性豊かな人形達が

YTJ Pro統括 ネイサン・クラーク おはようございます。 もう10月後半ですね、、 公演に向けての練習の最中だと思いますが、 メンバーの輝いている姿を見ることを楽しみにしております。 本日はプロが秋冬クールで取り組んでいることを紹介します。 今までと比べても盛り沢山な内容です! ★English Vocal Election(EVE)エキシビション 去年と同様、各エリアのプロメンバーがEVEの