【ブログ】おすすめの・・・!

YTJ Proグループ

鳩川七海


みなさま今年もよろしくお願いいたします!

お正月はどのように過ごされましたか?


私は映画、漫画、小説にふれる時間が好きになりました!

ぜひ、ここで紹介させてください!


<映画>

「the tragedy of Macbeth」

シェイクスピアの四大悲劇マクベスです。

エンタメで「足し算引き算」という方もいますが、

その言葉を借りると、限りなく引き算をして、必要なもののみ残した作品。

モノクロ映画で、美術もシンプルかつ斬新。

全てにおいて雑音がありません。

エネルギーをもったマクベスは、これが良いのかもしれないと思いました。

鮮やかに描かれてしまったら、人間の愚かさ汚さが鮮やかに記憶に残ってしまうなと。

鮮明に頭の中には残せない、それほど強いエネルギーをもった作品でした。

高校生の時からシェイクスピアが大好きなのですが、

その理由が、シェイクスピアの言葉の綺麗さが、物語の汚さ人間の汚さを際立たせるからだなと気付きました。

シネリーブル梅田、シネリーブル池袋、ヒューマントラストシネマ有楽町でやっているので、是非いってみてください!


「tick, tick...BOOM!」

RENTの生みの親、ジョナサン・ラーソンの話です。

これ、なんと監督がリン=マニュエル・ミランダなんです!!

ハミルトンやインザハイツも作曲家として素晴らしい方ですが、ミュージカル作家の事を映画にしてしまうなんて、ミュージカル愛にあふれていますよね!

映画自体も、彼のミュージカル創作に対する愛があふれていました。

それと同時に恐怖や苦悩も描き、楽曲も素晴らしい。

浅草キッドもそうですが、実在の人物を生きなおす俳優の覚悟を感じました。

Netflixでみれます!


あげだしたらキリがないですが、

「浅草キッド」「Dear Evan Hansen」「ブエノスアイレス」

「劇場版 呪術廻戦 0」「ひとよ」も素晴らしかったです!



<漫画>

「ミステリと言う勿れ」

めちゃくちゃ良い読みものだ!って感じで、

文章と絵のバランスのとり方がとても上手です。

文章だけに頼らず絵だけに頼らず、情報量が多いのですが、すっと入ってくる。

ドラマ化もされています。ドラマは照明や、音楽、SE、台詞含めしっかりドラマ仕立てにつくられていて、面白いなとおもいました!


<小説>

伊坂幸太郎著「フーガはユーガ」

私中学生のころから伊坂幸太郎さんが大好きで、中でも重力ピエロが一番好きなのですが、

これは…!超えるかもしれない…!と思った小説です。

「誕生日にだけ身体が入れ替わる」という不思議な双子のお話。

声に出して笑って、涙が止まらなくなるほど泣けるほど、距離感の近い作品でした。

双子でもなく、誰かと身体が入れ替わったこともないですが、作品の中の人たちの気持ちが痛いほどわかりました。

電車で読むことが多かったのですが、彼らが隣に座ってるんじゃないかと思うぐらい、他人事じゃないと思える作品でした!


「読書間奏曲」も素敵でした!今は小さな演劇の大きさについてを読んでいます。

日本の演劇について、海外の演劇祭について、日本の演劇がこの先どうなっていくのか。


是非みなさんのおすすめも教えてください!

最新記事

すべて表示

スタジオマネジメントグループ 松本莞司 いかがお過ごしでしょうか? 秋ももう終わりに向かっていますね、、 秋服が好きなのですが、すぐ寒くなってしまい楽しむ時間がなかったのが残念でした、、、 さて最近思うのが、関東や中部のメンバーってどんな子がいるんだろう、、と。 特選に送り出したあの子は元気にしてるかな、、 プロに進んだあの子は頑張ってるかな、、と思うことも。 ということで! 関西の特選やPROの

YTJ Pro統括 ネイサン・クラーク おはようございます。 もう10月後半ですね、、 公演に向けての練習の最中だと思いますが、 メンバーの輝いている姿を見ることを楽しみにしております。 本日はプロが秋冬クールで取り組んでいることを紹介します。 今までと比べても盛り沢山な内容です! ★English Vocal Election(EVE)エキシビション 去年と同様、各エリアのプロメンバーがEVEの

YTJ Proスタッフ 黒田純子 先日、千穐楽を終えたYTJプロ自主公演✨ 皆様のおかげで全公演無事に終えることができました。 改めて、会場に足を運んでいただいた皆様に感謝申し上げたいと思います。 今回スタッフとして メンバーをサポートする側で携わっておりましたが、 全国プロメンバーの皆さん本当によく頑張っていました🙂 皆さんの若くて熱いエナジーを感じられました🔥 関東では公演が一度中止になり